読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三々五々

日常の中で考えたこととか、自分の生活の中で体験して得たこととかを発信していきたいと思います。

タブレットなんかいらないと思っていた私が、iPad pro 9.7を購入した理由

 長年「タブレットなんかいらね〜」って思ってたんですが、何を思ったかこのたびiPad proの9.7インチを購入してしまいました。初タブレットです。

機能とか使い心地なんかは多分色んな人が既にレビューしていると思うので、私流の使い道や、なんで突然買おうと思ったかってことなんかについて、ちょっと語ってみます。

 

いらないと思ってたiPadを、突然買おうと思った理由

おおまかに2つあります。

 
 ①生活習慣が変わったから

 実は私は絵を描くのが好きで、長年暇さえあればパソコンで絵を描く生活をしていました。必然的に自由時間のほとんどをパソコンの前に座って過ごしていたので、ネットサーフィンやらネットショッピングやらも、絵を描く片手間でできていたのです。スマホでネットを触るのは、外出中のほんのわずかな時間だけでした。なので、わざわざタブレットを使うメリットがなかったわけです。

 

 これが色々あってここ数年、副業としてアルバイトを始めたり、オフでの知り合いが増えたりした関係で、家にいる時間がめっきり減りました。平日の自由時間は大体帰宅してから寝るまでの3時間程度で、しかも疲れてベッドから動きたくないことがほとんど。パソコンを起動することは週に1回もないくらいになりました。

 

 この生活になってからは、たまにネットを使う用事ができても、パソコンの前に座るのが面倒くさくて、全部スマホでやるようになりました。すると、前述のような地味なストレスが溜まってくるようになり、iPadを購入するに至った、という感じです。

 

Apple pencilの存在

 こっちはもう完全に感情的な理由です。

 

Apple pencil、使いたい!!』

 ↓

Apple pencilが使える機種はどれなんだ??』

 ↓

iPad proか!購入!!』

 

もう本当にこれだけ。

 

 絵を描く人間としては、これは見逃せませんでした。これまではデジタルで絵を描こうと思うと、パソコン+ペンタブレットが主流で、どんなにへなちょこな落書きでも、パソコンの前に座らないことには描けなかったんです。それに、ペンタブはマウスと同じなので、画面に直接触れて線を描けるわけではないですからね。

 世の中には液晶タブレット(液タブ)というものもあるんですが、これが貧乏OLの私にとってはバカ高く、バカデカい。値段自体はものによってiPadの方が高いんですが、液タブをiPadのように使うことはできないので、費用対効果を考えるとやっぱり割高。趣味で購入するにはなかなか勇気のいるものなんですよね。

 

これが、膝の上に乗せたり、ベッドにゴロゴロしながら描けるとあれば、ものすごく画期的。趣味でやるには最適なんではないかなと思います!

 

まだApple pencilの購入はできてないんですが、購入する日が心底楽しみです。

Apple pencil購入しました!レビューについては以下の記事で。 

qnmr.hatenadiary.jp

 

 

私流 iPad Proの使い道

で、何をしたくて購入したかっていうと、

「もっとたくさんの情報に ”快適に” ”どこでも” 触れたくて」です。

 

具体的には

1.書籍読み放題サービスで、電子書籍を快適に読みまくりたい

2.ネットショッピングするのに、大きい画面で快適にショッピングしたい

3.手書き機能を使って手帳やメモ帳代わりにしたい

 

 この3つ、普通にiPhoneとかスマートフォンでもできますし、3以外はパソコンでもできます。でも、なんでそれじゃ駄目だったのかっていうと…

 

スマホ → 画面が小さいので、これらのことをあまり長くやろうと思うと、
      ”快適”ではなくなる。特にメモなんかは書きにくい。

 

パソコン→ 画面が大きくてなんでもできるが、持ち運びができないorしにくい。
      家の中で使用するにしても、”どこでも”は使用できず、きちんと机に向かう必要がある。

 

 用途が異なるにしろ、上記みたいなことが気にならない人にはタブレットは不要かもしれません。あと、パソコンがMac book airみたいな薄くて持ち運びが簡単にできるやつの人とか。

 逆に、こういうのが地味にストレスになってる人や、持ってるパソコンがデスクトップの人なんかにはかなりおすすめです。 

 

ただし、「パソコンの代わりにiPadを買おうと思っている人」には

全くおすすめしません!

 

まず、iPadのOSは当然ながらMacOSでなく、iPhoneと同じiOSです。

「パソコンの代わりに」というのも用途によりますが、

 

・文書等の資料作成

・ブログやホームページの運営

・それに付随する、マルチタスク(資料を読みながら文章を書く、とか)

・複数人で使用(共有)すること 

 

 これらの用途にはまず全く向きません。何故かと言うと

 

・やっぱり文字は打ちづらい。

→画面に表示されるキーボードか、もしくは五十音を1つずつタッチして入力する形になるので、ハッキリ言ってフリック入力の使えるスマホよりも打ちづらいです。Smart KeyboardのようなiPad用の物理キーボート付きケースも売っていますが、持ち運ぶ際に重くなったり、キーの間隔が狭いので手が疲れたりします。

 

マルチタスクはしにくい。

→最近は画面を2分割して2つのアプリを同時に操作することもできるようになったようですが、その分画面が狭くなるのもあり、やはり本格的な作業には向かない印象です。

 

複数アカウントはできない

→基本一人で使用することを想定されているようで、複数アカウントはできません。お互いの情報が駄々漏れでよければできなくもないですが、メールアカウントやブックマークの同期などを考えると、やはり色々面倒くさそうです。

 

 こういう使い方をしたいのであれば、そのお金でノートパソコンを買うことをおすすめします。値段も同じくらいだし、iPadでできることはパソコンでも大抵できますので。

 

あと、前述した「お絵かき」についても、あまり凝ったことはできないと考えられますので、落書き以上の絵を描きたいのであればやっぱりパソコン+ペンタブかな?と思います。

 

まとめ

iPadを買ったら捗りそうな人:

・ネットサーフィンやネットショッピング、

・簡単な手書きメモや落書きなんかを

・ベッドにゴロゴロしたり

・ソファでまったりしながら

・大きな画面で快適にやりたい人!

 

iPadを買ってもあんまり捗らなそうな人、使わなくなりそうな人: 

・文書作成、ホームページやブログの更新など、文字をたくさん打ったり

・資料を参照しながら文章を打つといった、複数のことを同時にやりたい人

 

そんな感じで、個人的なiPad語りでした。役に立つかはわかりません。

迷ってる人は、iPadでやりたいと思っていることを、店頭のデモ機でやってみるのが一番ですよ。

 

 ではまた